1.広い分野で活躍する即戦力「イノベーション博士」の育成

現状

 現在の大学教育は、アカデミア人材の輩出に偏っており、産業界などへの有用人材の供給は不足し ています。
 また、博士の就職率は64%にとどまっており、ポスドク人材が飽和しているという、いわゆる「ポス ドク問題」が社会的な問題となっています
 「就職率が悪い」→「博士への進学率が低下する」→「博士人材の質が低下する」→「さらに就職 率が悪くなる」という悪循環、負の連鎖が発生しており、これを断ち切るには根本的な大学院の教育 改革が必要な状況となっています。
解決

産学官連携で人材育成

 産学官の話し合いで、目標とする人材像を設定し、その育成に必要な要素をピックアップしました 。それをもとに、真に社会に必要とされる博士を生み出します。

産学協同研究プロジェクトを研究題材に

 学位研究を産学官共同プロジェクトとして行うことで、実践的なプロジェクト推進や事業化のスキ ルを学生に身につけさせます。
目標1
ページトップへ
  • HOME
  • サイトマップ
  • サイトポリシー
  • -
  • お問い合わせ