協議会委員長からのご挨拶

協議会委員長
協議会委員長 梶谷 誠
「スーパー連携大学院はなぜ必要か」

れまでの日本の大学教育を反省すると、人材育成に対する大学と社会のコミュニケーションの欠如を挙げざるを得ません。大学は社会のニーズや環境変化に無頓着に、いわば唯我独尊で教育をしてきたきらいがあります。社会は、教育の受益者は教育を受ける者にあるとする考え方が強く、教育を受ける者と教育をする者の間の問題として深くかかわることを避けてきたような気がします。しかし、社会は大学教育に満足しているわけではなく、大いなる不満を持っています。実は、人材育成の受益者は社会であり、質の良い人材が供給されなければ社会が困ることになることは明白です。以上の我が国の教育の欠点は、博士の養成に最も端的に表れています。昨今のいわゆるポスドク問題はその典型的な現象です。
本が真にイノベーティブな社会を目指すなら、社会のあらゆる分野で博士レベルの人材に活躍してもらう必要があります。
方、日本は都市と地方の格差が拡大しています。言うまでもなく、日本全体が活力を維持し健全に発展するためには、各地方が元気で活性化しなければなりません。地方が活力を保つためには、その地域の知的拠点としての大学の存在は不可欠で、大学の活性化は地方の活性化と一体と考えるべきです。さらに、大学が人材育成機関として一定のレベルを維持するためには、博士養成の機能を持ち続けることが必須です。しかし、ここでも強力大学と小規模大学の格差が広がりつつあります。
のような厳しい状況の中で、我々は何をなすべきか?そこで、これまでの博士養成の仕組みを見直し、次のような新しい視点から新たな取り組みをしてみようということになりました。

  • 博士養成を社会の問題としてとらえ、大学と産業界と行政が一緒になって取り組む体制が必要である。
  • 積極的にノンアカデミア分野で活躍する博士を養成すべきである。
  • 小規模な博士課程を持つ地方の大学が連携して、各大学の特色ある強みを活かすことによって、単独ではなし得ない新しい人材育成機能を創造すべきである。
  • 大学と産業界の連携グループが、将来に向けて必要とされる複合的・融合的課題に関するプロジェクトを結成し、そこに博士課程の学生を参加させる産学連携教育システムを構築できないか。

上のような考えを具体化するために、スーパー連携大学院構想の設計を始めました。この取り組みに関心をお持ちになったら、HPをご覧いただき、直接準備室までお問い合わせください。そして、ぜひこの取り組みにご参加ください。

ページトップへ